平成30年度学校経営シラバスはこちら(A4版 pdf 117KB)

学校紹介>校訓・学校教育目標

校訓画像

  1. 真理を探求し、創造する力を育てる。
  2. 豊かな情操と強い意志を培う。
  3. 強健な体力とたくましい実行力を養う。
  4. 人格を磨きよりよき社会人を育成する。

1 重点目標

  1. 魅力ある授業の展開と学習意欲の向上に努める。
  2. 基本的な生活習慣の確立と自律心の育成に努める。
  3. 思いやりの心の育成とたくましい身体づくりに努める。

2 経営方針

  1. 生徒一人一人の可能性を追求し、生徒と教師が信頼と愛情を基盤として、全人格の触れ合いの中で心豊かな教育活動を展開する。
  2. 学校課題の解決に向けた計画的な研修と実践に努める。
  3. 家庭・地域・異校種との連携を推進し、生徒の状況の把握と教職員の指導力の向上を図る。

3 教育課程編成の方針

  1. 自ら学ぶ意欲と社会の変化に主体的に対応できる生徒の育成と、基礎的・基本的な内容の指導を徹底し、個性を生かす教育の充実をめざす。
  2. 自己探求と自己実現に努め、国家・社会の一員としての自覚に基づき行動できる生徒の育成を図る。
  3. 日常生活における適切な体育活動を促進し、生涯を通じて健康で安全な生活を送るための基礎を培う。
  4. 働くことや創造することの喜びを体験させ、望ましい勤労観・職業観の育成や奉仕の精神の涵養を図る。

4 指導上の重点事項

学習指導
  1. 授業の規律の確立と基礎的・基本的な知識・技能の修得による学力の向上を図る。
  2. より良い教育を目指す研修活動の推進と教育課程の編成に努める。
  3. 校務組織の連携を密ににし、学校行事等を適切に運営し、教育効果を高める。
  4. 諸団体(PTA・同窓会)の記録文書の作成と整備保管に努める。
生徒指導
  1. 基本的生活習慣を確実に身に付ける指導に努める。
  2. 学年との連携を密にし、望ましい生徒集団の確立に努める。
  3. 生徒理解を深め、愛情と責任に基づいた個別指導に努める。
  4. 社会の一員として自律心や道徳心を高め、自己指導能力育成に努める。
進路指導
  1. 総合的な学習の時間などを通して、生徒の基礎的・汎用的能力を育成する。
  2. 生徒の進路指導後の定着率向上を目指して、分掌・学年・教科で連携をとり主体的な行動を支援する。
  3. 生徒の進路希望実現に向け、一般受験で合格を目指す環境を提供する。
健康・安全指導
  1. 自他の生命を尊重し、自ら安全に行動する習慣を身に付ける指導に努める。
  2. 学校環境の整備を促進し、定期的な安全点検の実施に努める。
  3. 性教育を通して自己の発達に適応できる能力を養い、人格形成に努める。
  4. 健康・安全に関する自主的・自発的活動の指導・援助に努める。

Copyright©2013 Hokkaido Teshio High School All Rights Reserved.